昼下がりの情事を楽しむ団地妻「水野朝陽」!

女優

昼下がりの情事を楽しむ団地妻「水野朝陽」!

団地妻

日本の集合住宅を利用している主婦(団体住宅などのマンション)。
現実社会における住宅妻の現状について外部からは分からない部分が多い。

しかし、団地の妻の姿や主婦の織りなす関係は、
ポルノ小説や官能小説などで描いた昼間の古典的なテーマとしてあります。

団地妻が生まれた背景としては当時の社会情勢があります。

「企業戦士の会社員の夫は仕事一筋で全然こっちを向いてくれない。

夫が仕事をしている午後、主婦である若い既婚女性は、孤独と情熱を持ち、
秘密裏に 団地に来た男 と不倫するという現実がありました。

日活ロマンポルノの「団地妻 昼下りの情事」という作品が大ヒットして
シリーズ化されました。

ヘンリー塚本原作 マンション団地妻ポルノ

~昼下がりの情事~ 水野朝陽

「おはようございます奥さん」「あら、○○さん今日も良い天気ですわね」
何気ない隣人との触れ合いから、情欲の花が咲く時もある。
夫に不満があるわけじゃない。ただ、日常にスパイスを効かせたかっただけ…。
良き妻の仮面の下、熟れた肉体を持て余しながら、妻は今日も夫を欺く。

出典 http://www.dmm.co.jp

いきなり見ず知らずの男が団地の自分の所にやって来て、
ドアを開けたところから、団地妻である主婦の不倫がはじまります。

後ろめたさから、最初は悩んで拒みますが、
やがてスリルと快楽におぼれてゆく。

もうそうなったら後戻りはできない、後戻りどころか自分の方から
積極的になってゆく。

最初は可哀想と思うが、それは最初だけで自分の方から
積極的になって行った時から、可哀想と思う気持ちが無くなる。

その団地妻を見事に演じている水野朝陽さん。
きれいですね。

こちらもクリックしてね♡ ↓↓


1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ